>  TOPページ

【指南896 心が折れそうな体験を乗り越えるには?】

2019年7月26日

心の習慣で人生を変える

三浦将さんに聞く「持てる力をフルに発揮する方法」。最終回は、人生を根本から変える可能性を持つ「心の習慣」についてうかがいます。
「自分一人でできる習慣と違って相手もいるし、心に関わることなので、少しハードルは高いかもしれません。しかし、それだけに習慣化できればインパクトが大きい。ぜひ挑戦してみてください」

営業は好不調の波が目に見えるかたちで出やすい仕事。お客さまの厳しい態度に、心が折れそうになることもあります。それでも三浦さんは、起きていることは同じでも、とらえ方次第で世界は変わると言います。
「アメリカの心理学者アルバート・エリスが提唱したABC理論によれば、Aという出来事(悩み)は、それをどう解釈して受け止めるかという一人ひとりの価値観(B)によって、結果(C)が変わってくるのです」

 A 出来事(Activating Event)
 B 価値観、信念(Belief)
 C 結果(Consequence)

「顧客にきついことを言われてムカっとくる営業パーソンもいれば、一理あると考えて今後に生かす人もいる。気分や感情は本人のとらえ方がつくり上げているのです。ネガティブな感情が出てきたら、その考え方やとらえ方は積極的か?と、自分に問いかけてみてください」
ムカっときて後に引きずるのは積極的とは言えませんが、悔しい気持ちを糧にするのは視線が前に向いている証拠。後者のほうが積極的なのは明らかです。

「目に見えるもののイメージを、自分の中でポジティブに変換してしまう習慣もおすすめです」
たとえば、いつも怖い顔をしていてちょっと苦手。そんなお客さまの最高の笑顔をイメージしてみます。どんな時にそんな笑顔になるのか。目は垂れ下がっている? 笑い声は上げている?
次々とイメージしているうちに自分も自然に笑顔になって、臆せずに向き合えるようになるかもしれません。
「心の習慣を変えるだけで、対人対応力が飛躍的にアップして、未来への明るい視点が得られます。潜在意識を味方に、自分を信じて、眠れる力を覚醒させてください」

【指南896 心が折れそうな体験を乗り越えるには?】