>  TOPページ

【指南895 自分だけのスイッチを見つける】

2019年7月24日

よい習慣を作る3つのステップ

ビジネスや人生で成功するためには、特別な才能やどんなことにも挫けない強いメンタルが必要。そう思っているとしたら、間違いだと三浦さんは言います。
「成功するためには、良い習慣を持ち、それを日々粛々と続けること。小さな習慣の違いが積み重ねとなって、大きな差につながります。一流のアスリートや成功した起業家の多くは、良い習慣を続けている。潜在能力のスイッチをオンにする自分だけの良い習慣を見つけてください」

ひと口に良い習慣といっても、生活習慣から仕事上の習慣までその内容はさまざま。どれが自分にとってスイッチオンにつながる良い習慣なのかわからない。そんなときは、次の2つのステップを踏んで考えるのが三浦さんのおすすめです。

ステップ1:自分が本当にしたいことを考える
たとえば、ただ痩せたいと思うよりも、「子どものために健康でかっこいいカラダを維持したい」と考えるほうがダイエットのモチベーションは上がるはず。本当の目的は何か、達成したら自分はどうなれるかをできるだけ具体的にイメージして、習慣化のスイッチを入れます。
ステップ2:そのために取り組む習慣を1つだけ決める
最初は成果よりも定着させることが何より大切。だから毎日続けられる小さなことで、できたかどうかがはっきりわかる目標を設定します。たとえば、「お客さまの話にしっかり耳を傾ける」という抽象的な目標よりも、「お客さまがすべて話し終えるまで、メモを取りながらじっくり聞く」としたほうが、実行できたかどうかが明確になります。

「最初は意識して何とかできている感じだったのが、次第に違和感がなくなり、最後は無意識にやっている状態になります。良い習慣で成功を引き寄せましょう」

次回は最終回、「心の習慣で人生を変える」です。ぜひご覧ください!

【指南895 自分だけのスイッチを見つける】