>  TOPページ

【指南838 営業マネージャーが送る、営業パーソン・営業リーダーへのアドバイス】
テーマ:師範紹介

2019年2月4日

「人生は一度きり」。悔いない人生を送るために

今週からはプルデンシャル生命保険徳島支社長・東野義弘さんが師範を務めます。東野さんは、2005年にプルデンシャル生命にライフプランナーとして入社。2014年から、徳島支社長の任に就いています。

東野さんは徳島県生まれ、徳島県育ちで、大学卒業後は、情報通信会社で営業マネージャーをしていましたが、「たった1回きりの自分の大事な人生、このままでいいのだろうか」と考えて、プルデンシャル生命への転職を決意しました。

東野さんの人生観を決定的に変えたのは交通事故でした。転職して半年後に対向車と正面衝突。生死の境をさまよい、九死に一生を取り留めたものの、一時は「歩けなくなるかも知れない」と言われ、1年間のリハビリ生活を経て何とか仕事に復帰することが出来たのです。

「人生を大切にしなくてはならない」と痛感した、と東野さんは言います。
「人生何があるかわからない。それまでの自分は、深く考えずに生きてきたと思いました。しかし、再び生きるチャンスをいただいたと思いました」
1年のブランクを経ての仕事への復帰は大変でしたが、東野さんは「復帰できたことがうれしくてたまらなかった」と仕事に邁進しました。

「人生は一度きり!」—-死地から生還して今、超ポジティブ思考でチャレンジを続ける東野さんに指南いただきます!
次回は、「自分の限界を自分で設定しない」です。ぜひご覧ください!

【指南838 営業マネージャーが送る、営業パーソン・営業リーダーへのアドバイス】

(写真)徳島駅前、徳島支社のあるビルの前にて。