>  TOPページ

【指南821 すぐにできるアロマ活用術】

2018年11月23日

人生をTAGで浪費してはいけない

常に最高のパフォーマンスをするためには、心身の疲れを翌日に持ち越さないことが重要だと、渡部さんは説きます。
「疲れにくい心と体は、毎日の暮らしからつくられます。中でも睡眠は、疲れを次の日に持ち越さないために特に重要です」

ポイントは、睡眠の質を上げて体内リズムを整えること。
「ベストな睡眠時間には個人差がありますが、成長ホルモンが出る夜の10時から2時のゴールデンタイムは外さないこと、そして朝起きたら太陽の光をしっかり浴びて、心身ともに覚醒することです。朝の時間をどう過ごすかで、その日の疲れ具合が変わってきます」

つい夜更かししがちな人は、パソコン、スマホとの付き合い方を再チェックすべきだと、指摘します。
「スマホなどの見過ぎで眼精疲労がたまると、交感神経が強い緊張状態が続き、疲れがどんどん蓄積されます。疲れには肉体的な疲労と精神的な疲労、それに視神経や脳の緊張状態が続くことで引き起こされる神経的疲労の3つがあって、相互に深く関係しています」

もう1つ、渡部さんがストレス対策で外せないと強調するのが、タバコ、アルコール、ギャンブル/ゲーム(TAG)を遠ざけることです。
「忙しい、忙しいと言いながら、TAGにけっこうな時間を割いている人がいます。お金もかかるので、そのためにまた仕事を増やして、ワークライフバランスを崩すこともある。依存性のあるTAGに人生の貴重な時間を奪われないようにしましょう」

タバコやお酒に頼らなくても、緊張した心と体をほぐすことはできます。渡部さんのおすすめは、瞑想や深い呼吸、そして香りを楽しむアロマ。でも、女性はともかく、男性にはあまりなじみがありません。
「五感の中で嗅覚だけが、感情にダイレクトに働きかけると言われています。アロマオイルを2、3滴垂らしたティッシュをデスクに置くだけでも、気持ちを切り替えられます」

営業のスキルや経験値が同じなら、よりコンディションのいい状態でバッターボックスに立つ人ほど成果が出るのは明らか。疲れとストレスをコントロールして、ベストコンディションがキープできるよう、心がけてみてください!

「日出ずる国の営業」、次週からはプルデンシャル生命保険新潟支社・諏佐渉さんの登場です。ぜひご覧ください!

【指南821 すぐにできるアロマ活用術】