>  TOPページ

【指南724 中村道場へようこそ!】
テーマ:師範紹介

2018年1月8日

「顧客満足」をとことん追求!!

あけましておめでとうございます。今年も「日出ずる国の営業」をよろしくお願いします。
さて今年最初に登場する師範はプルデンシャル生命横浜第二支社の中村裕一郎さんです。
中村さんは、2003年1月にプルデンシャル生命にライフプランナーとして入社。2016年にライフプランナーの最高位であるエグゼクティブ・ライフプランナーの認定を受けました。直近3年間はMDRTでCOT※の認定を受け、全ライフプランナーの上位5%以内の業績を収めています。

学生時代に留学経験があり英語が堪能だった中村さんは大学卒業後、イギリスの大学院に進学して応用言語学を専攻するつもりでした。しかしアルバイトがきっかけで、結局英会話スクールに就職。支部長という役職まで務めますが、2003年にプルデンシャル生命に転職しました。
きっかけは、ライフプランナーという仕事の魅力を示すキーワードのひとつ「Honest Business(誠実な仕事)」に強烈に魅了されたからだといいます。

「Honest Business」という言葉はまた、亡くなった父が遺した言葉でもありました。
中村さんは新潟県糸魚川市の出身。地場の企業で誠実に実直に勤め上げた父は、中村さんが転職して間もない頃、「真面目に、正直に、一生懸命頑張れ」という言葉を最後に残して亡くなられました。

「ガンによる急死でした。仕事の話を詳細にしていたわけではないのですが、転職する前の私の表情にしんどさが出ていたのかもしれません。父の言葉も受けて、誠実に真面目にライフプランナーという仕事に取り組んでみよう、それでダメなら自分には向いていないということだ、と腹をくくりました」
以来、中村さんは、「顧客満足が何より大事」というゆるぎない信念を持って仕事に臨んでいます。
中村さんの究極のゴールは「自分が認める一流のライフプランナーになること」。それは「高い業績を収めつつ、きめ細かなサービスをご提供し、顧客満足が高く、お客さまにとってかけがえのない存在となること」です。

今週来週は、高い業績と顧客満足の両輪を実現している中村さんに指南いただきます!
次回は、「リピート購入につながる売上とは?」です。ぜひご覧ください!

※MDRT:Million Dollar Round Table (MDRT) は卓越した生命保険と金融サービスの専門家による国際的かつ独立した組織。「COT:Court of the Table」はMDRTの資格基準の3倍を達成した者が認定されます。

【指南724 中村道場へようこそ!】

(写真)横浜・みなとみらいを背景に