>  TOPページ

【指南683 自分を変える2】

2017年8月30日

人を好きになる努力 ~ 好かれる人になる努力も怠らず・・・! ~

相手のことを「嫌い」と思う前に、あなたは大丈夫ですか?「嫌い」「苦手」だと思われていませんか?
性格やキャラを変えるのは一朝一夕には難しいかもしれません。しかし人と仕事をする以上、「一緒に仕事をしたいと思う相手」「一緒に仕事をして気持ちいい人」「頼りになる人」になる努力はしたいですよね。

さて、一緒に仕事をしたいと思う相手になるにはどうしたらよいでしょうか?
中島さんはまず、「あてになる人」になること、を挙げます。
「相手が期待する成果を期限内にきっちり出せば合格。100%未満の仕事を少し早めにあげたり、期限後に100%超の成果を出したりするのは、あてにならない人。職場やお客さんに認められたければ、期限前に相手の期待を上回る成果を出す、あてになる人にならなければいけません」

また、「相談しやすい人」になることも重要です。もしもあなたが、「なんでもっと早く言ってくれなかったのかな」「今からじゃ手の施しようがない」なんて感じることが多ければ、相談しにくい人になっている可能性があると中島さんは指摘します。
「相談してもむげに断ったり、怒り出したりするのは論外ですが、意外に多いのが、忙しすぎて真剣に聞いてくれなさそうな人。ちょっとした隙をあえて見せて、いまなら話が聞けるよ、何でも言ってみてという雰囲気を出したり、何か困ってることない、とストレートに聞くのもおすすめです」

だからと言って、何もかも完璧にこなそうとする必要はないと中島さんは言います。
「1人で何でも抱え込んで結局パンクするのが最悪のパターン。困ったら人の手を借りる、ちょっと助けてって素直に頼めばいいんです」
でも、断られたら気まずいし……。「断るか引き受けるかは相手が決めること。うじうじ考えていても仕方がないでしょう。それに借りをつくったほうが可愛がられるってこともありますしね」
「チームのメンバーを入れ替えることは無理でも、まずは自分から動いて雰囲気を変えていけば、いまよりもずっと働きやすい環境がつくれるはずです」

「仕事が嫌い、会社が嫌い、職場の誰かが嫌いというのは、実は本人の力不足に原因があることも多いんです。仕事力がなかったり、転職して不本意な状況を変える力がない自分が嫌いだから、周囲に対する不満が募るのです」。
最終回となる次回は、そんな自分を根本から初期化する術を教えていただきます。ぜひご覧ください!

【指南683 自分を変える2】