>  TOPページ

【指南498 秋葉道場へようこそ!】

2016年4月4日

1/10の「わきまえ力」!!

今週来週登場するのは、プルデンシャル生命千代田第一支社・秋葉瑞樹さんです。 秋葉さんは千葉大法経学部卒後、都市銀行を経て2002年にプルデンシャル生命に入社。以来、14年連続で社内コンテストに入賞。2012年には、ライフプランナーの最高位であるエグゼクティブ・ライフプランナーの認定を受けました。

着実に実績を上げる傍らで、JAIFAプルデンシャル会※という組織で事務局長まで任される人望とお人柄。しかし本人はこの取材にも恐縮しきりで「今までの僕の人生は良くても1/10レベルです。10人中1位になれる分野はあっても、1/100のレベルにはなかなかなれないのですよ」と苦笑い。

いえいえ、10人中1位の結果を継続させる、維持する秘訣もあるはずですよね??

「もがいて、もがいてやってきただけです。今もその最中ですし。あえて言うとすれば・・・、『2番セカンド・秋葉!』を意識しています(笑)」。

野球で2番セカンドというと、器用で周りを活かす仕事人タイプといったイメージでしょうか?「私のお客さまには経営者の方も多いですし、同僚にも特大ホームランを打つような強打者タイプやイチロー選手のようなリードオフマン的な人材は豊富なんです。そんな中で、時にバントをしてつないだり、いぶし銀的な守備で支えるような存在は重宝してもらえるんですね。黒子的な仕事とでも言うんでしょうか。本当は自分も華やかな選手に憧れましたが、ここが自分の立ち位置と思うとしっくりきました」。

秋葉さんのことをよく知る同僚は、そんな力を『わきまえ力』と評します。「社内であれ社外であれ、徹底的に周りの人の顔を立てる。場を俯瞰してどこで誰が出るべきなのかを考え、そのためのお膳立てに力を尽くすのです。そのせいで本人は一見目立たないように見えますが、恐るべき能力ですよ」とのこと。

身の立ち位置を「わきまえる」反面、自身を客観視して更なるレベルアップにも目を向けています。

今週来週は1/10から1/100を目指し、『頭ひとつ』抜けるための考え方を指南いただきます!

※JAIFA:正式名称「公益社団法人 生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会」(英文名:Japan Association of Insurance and Financial Advisors)。各社の生命保険営業職員で組織された団体のことです。生命保険営業職員の社会貢献活動や自らの向上を目指して設立されました。

【指南498 秋葉道場へようこそ!】

(写真)支社の近くの千鳥ヶ淵にて。