>  TOPページ

【指南457 ひとは「なぜ」で動く】
師範:市浦 哲

2015年12月7日

目標達成すべき理由を100個書き出す!?

市浦さんは、目標を追求するに当たって、「なぜその目標を達成したいのか」「達成する必要があるのか?」という「なぜ」にこだわるといいます。また後輩に対しても、「なぜその目標なのか?」ということについて考えるよう言っています。

「僕は、『なぜ』を常に考えています。目標を達成すると何が手に入るのか、何になるのか、なぜこの仕事をしているのか。ひいては、なぜこの世に生を受けたのか、どう生きたいのか、ということまで・・・。

僕の場合、実はとくにものすごく物欲や名誉欲があるわけではないんです。自分の目標は、まず家族です。よい父親でありたいと思います。家族と一緒に旅行をしたり、よい時間を過ごしたいと思います。また、この仕事を70歳までやりたいと考えています。下の息子が3歳なので、息子が大きくなるまで働き続けなければならないということがありますが、息子が成人したときにも、僕が仕事をする背中を見せて、息子に尊敬されたいと思いますし、同じ仕事をしたいと思ってほしい、と思います。また、仕事を頑張りたいと思うのは、後輩に背中を見せるためでもあり、自分のプライドのためでもあります。バランスの取れた人生を歩んでいきたい。自分で誇れる人生を歩んでいきたい。多くの方に安心をお届けしたい、『誠実』に仕事をしたい、と考えています」。

市浦さんは、目標を設定する上で「なぜ」が大事だと言いましたが、加えて、その「なぜ」を忘れないこと、常に心に刻んでおくことが肝心だと語ります。

「思い続けることは難しいです。『なぜその目標なのか』『なぜ達成しなくてはならないのか』『達成したらどうなるのか』—-ある研修会で学んだのですが、目標を達成すべき理由を100書き出して、毎日見ています。後輩にも、単に書き出すだけでなく、毎日時間を決めてそれをじっと見るよう言っています。また週1回勉強会で1対1で顔を合わせるのですが、その際にお互いに口に出して語っています。自分が発した言葉に自分が一番影響を受けるんです」。
 
市浦さんの勉強会に参加している後輩は、そんな市浦さんを、「『行動』『考え方』『業績』という全てにおいて、「正しい方向に戻してもらえる人」だと評しています。

【指南457 ひとは「なぜ」で動く】

(写真)市浦さんが目標を達成すべき理由100。