>  TOPページ

【指南039 己に克つ心】

2012年9月6日

3年間、1週も欠かさず続けたこと???

多月さんは入社後の丸3年、新規のお客様への訪問を毎週8件入れ続けました。紹介アポイントのキャンセルが3件あれば、3件の飛び込みで補います。自分にはマーケットがないからこそ、たくさんの新しい人に会い続けるしかない。このプロセス管理が習慣化し、いい商談を引き寄せてくれたと多月さんは振り返ります。

「当社の年間セールスコンテストで、あるランクで入賞するというゴールから逆算していった新規訪問件数が、週8件なんです。そのランクに入賞することは、この仕事を続けていくためのベースを固める目安だと私は考えています。そこには〈執着を持って〉やってきました」

そのランク入賞を入社3年目に果たした多月さん。こうと決めたことをやり抜く意志の強さは、いったいどこから来るのでしょう?

「じつは結婚直後に弟を亡くしまして、実家のある広島と嫁ぎ先の大阪を行ったり来たりしながら、空虚な毎日を送っていました。「弟の分まで、自分らしくどう生きるか……」懸命に模索していた時に、ご縁があってライフプランナーのスカウトを受けたんです。弟の葬儀には、300人以上の人たちが集まりました。まだ28歳で、地元の小さな会社で働いていたに過ぎなかったのに、です。棺の前で号泣している人たちを見たとき、私は弟を誇りに思いました。『弟は、いい人生を生きたんだな』と……。私も弟のように、いろんなご縁を大切にしながら、生かされていることに感謝し、心豊かな生き方をしたいと思っているだけなんです」

【指南039 己に克つ心】

(写真)互いのスキルやマインドを共有する文化を反映し、社内の仲間たちから「学んだ」「感動した」「刺激を受けた」といった思いが届く〈Core Value Letter〉。目標をやり抜く多月さんの姿勢に、全国各地の支社から賞賛の声が集まっています。