>  TOPページ

【指南023 自分ブランド演出術】

2012年8月8日

勝負パンツならバレない???

こんにちは。フェイスブック運営事務局のオギハラです。〈田中道場〉3日目の本日は

、自己演出について聞いてみました。「たとえば異業種交流会で20〜30名集まったとき、いちばん目立つ存在でありたい。皆さんが興味を持ってくれるオーラを発していたい」と田中さんは言います。

「ふつうの格好をしていたら人は寄ってこないでしょう。だから、一般的によく使われるような営業カバンは持っていません。カバンは茶色系が多くて、最近使っているのは7〜8個。その日の服装や靴に合わせて毎日変えています。気合いを入れるときには、密かに赤いボクサーパンツを履きます(笑)。ネクタイとかに勝負色を使うと、相手に分かるじゃないですか、きょうは決めに来たなって。それが嫌なんですよ」

カチッとした真面目なイメージをあえて避けることで、自分らしさを演出しているという田中さん。さらに、こう付け加えました。

「いまのは外見の話で、もちろん中身が肝心。それはお客さまに日々、鍛えてもらっていますよ。でも、僕は公私ともにおしゃれでありたい。白鳥のように、見えない水面下ではバタバタしているけど、それを見せない。立ち姿まで美しいのが、私たちライフプランナーのイメージだと思うんです」

【指南023 自分ブランド演出術】

(写真)田中さん最大の武器は、人なつっこい笑顔かもしれません。 「白い歯と歯並びには両親に感謝です」とご本人。