>  TOPページ

【指南022 私流マーケティング】

2012年8月7日

拡げないから、つながっていく???

プルデンシャル生命では担当エリアという考え方がなく、どんな地域のどんなマーケットにも自由にセールスできます。それは逆に言えば、絞り込んでもいいということ。田中さんがまさにその典型です。

「僕は外車セールスのときに担当したエリアが立川駅周辺でした。住宅街でもないので、どうやって売るんだよ?という話です。でも、ある日気付きました。駅前には百貨店がたくさんあるじゃないかと。外商部を攻めてみたら、どんどん紹介でつながっていきました。ある百貨店さんの車寄せに実車を展示して売ったのは、西東京地区では僕が初めじゃないかな?」

その結果、田中さんは当時在籍していたディーラーで、外車販売日本一も記録しました。

「僕はいま、ほぼ八王子市内だけでセールスを行っています。50万都市ですから、マーケットはけっして小さくありません。他のエリアでもご縁があれば喜んでお引き受けしますが、むやみに拡げないから点と点が線でつながって、やがて面になる。あちこちに分散すると線にはなっても面にはならないんです」

エリアを絞る代わりに、ロータリークラブや経営者の勉強会など、地元の集まりは週例・月例で出席することが多いという田中さん。「八王子には田中という保険セールスがいる」と言ってもらえる状態をつくることを目指しているそうです。

【指南022 私流マーケティング】

(写真)セールス活動をサポートするアシスタントの方と一緒に。