>  TOPページ

【指南001 ようこそ、川田道場へ】
師範:川田 修

2012年7月9日

今週の師範は「気配り」タイプ???

皆さん、はじめまして。フェイスブック運営事務局のオギハラと申します。きょうからスタートする『日出ずる国の営業』。プルデンシャル生命で活躍するトップセールスやセールスマネージャーたちを週替わりで訪ね、そのセールス道に迫ります。売るのが最も難しいと言われている(?)生命保険。そんな商品のセールスで実績を上げてきた面々の〈技〉や〈構え〉などが、少しでも営業好きの皆さんのお役に立てばと思っております。
※更新は月曜から金曜まで、毎日一回ずつです。

 * * *

記念すべき第一週目の師範は、『かばんはハンカチの上に置きなさい』『知識ゼロからの営業入門』『仕事は99%気配り』の著者でもある、東京第五支社の川田修さん。(株)リクルートから、1997年に転職しました。そのきっかけとなったのは、ある方からの紹介で自宅を訪ねてきたプルデンシャル生命のセールスマンの、ちょっとした気配りでした。

「初回の訪問で、商品の説明はいっさいせずに、私が毛嫌いしていた保険の必要性をわかりやすく説明してくれました。これだけでも好印象だったのですが、見送りのときにとどめを刺されたのです。玄関で靴べらを差し出す私に『けっこうです』と言うと、スーツのポケットから携帯用のマイ靴べらを出して素早く靴を履き、颯爽と玄関を出て行くではありませんか。さらに、帰り際に書いたのであろう直筆の礼状をポストに見つけたのは翌朝のことです。その所作と気配りに一流のオーラを感じ、私はすっかり彼のファンになってしまったのです」

そんな経緯で保険に加入し、2年後には「一緒に業界を変えよう」と誘われて転職した川田さん。15年経ったいまも人から気付きをもらってバージョンアップしているという〈気配りセールス道〉に迫ります!

【指南001 ようこそ、川田道場へ】