>  TOPページ

【指南 404 壁を突破するために】
師範:中嶋 聡

2015年7月1日

目標を立てる効用は???

日々、着実な歩みを重ね、社内コンテストでも15年連続入賞を果たしてきた中嶋さん。長期的な目標を設定することは、成果を挙げるうえではもちろん、日々のモチベーションを維持することでも役立っていると言います。

 

「辛いことがあれば落ち込むのは人として自然なことですし、セールスの仕事で結果が出なければそういうこともよくあります。落ち込むのは仕方がない。大切なのは、いかに早く立ち直るかじゃないでしょうか。長期的な目標を定めて自分のなかに軸を作ると、辛い出来事も客観的に見ることができ、落ち込む時間も短くなるように感じます。目標を立てるときのポイントは、ビジネス、家族、健康などいろんなものさしがあります。ここで大事なのは優先順位をつけること。またその優先順位を定期的に見直すこと。これを実践することで、重大な局面でもぶれずに行動できるようになりました」

 

目標についてじっくり考える時間を確保するため、中嶋さんは年度の始めに一人で温泉にこもるようにしていると言います。読みたい本をじっくり読み、心身をリフレッシュしながら、将来の自分のあり方を考える大切な時間です。

 

「今年、あらためて気がついたのは、自分は“ロングセールスマン”でありたいということ。セールスの経験がゼロだった自分が15年間この仕事を続けられたのは、まず第一にお客さま、そして先輩や周囲の人たちのおかげです。今後はその恩返しをしていきたい。ライフプランナーとして一番大切なのは、お客さまへ貢献し続けられる存在として、お一人おひとりと末永くお付き合いをしていくことだと思います。社内で先輩にいろいろ教えてもらった恩を、今度は後輩に返していきたい。この仕事は、短距離走ではなく長距離走です。誰にも真似できない特別な技で勝負するのではなく、勤勉に働き、信念をぶらさず、こつこつと成果を挙げていく。そんな当たり前のことを続け、後輩たちが真似できる“スタンダードなセールス”を目指して、今後も支社の仲間と一緒に頑張っていきたいですね」

【指南 404 壁を突破するために】

(写真)中嶋さんが目標を考えるうえでキーとしている7つの項目。これらを定期的に見直しながら、自身の軸に置きぶれない姿勢を構築しています。 ※下の段から順に重要