【指南655 直接的見込客発見】

地域を基盤とした理想的なモデル


石橋さんは現在四日市在住で、お客さまの9割以上は四日市の方々です。とはいえ、最初から四日市を自分の商圏にしたいと考えてきたのではないそうです。「最初の頃は、日本のどこで...

もっと読む

【指南654 人の力を借りる】

努力は一人ではできない



中学生時代はサッカーで県1位、東海地区2位にまで勝ち進んだ石橋さん。それから得たのは「努力は一人ではできない」ということでした。「本当に練習がきつかった。嫌々走...

もっと読む

【指南653 自己動機付けとモチベーション】

絶え間ない危機感


石橋さんは入社以来、とにかく不安で不安で危機感が消えることがなかったと言います。「人より全然売れているのに、『行くところがない』というのが口癖だったんですよ」と言うのは...

もっと読む

【指南652 ロープレ】

常に自分の商談を再検証



石橋さんの営業スタイルは「正攻法」と、名古屋北支社の鈴木和雄支社長は評します。正攻法とは、すなわち、正当なセールスプロセスに則った商談----「オープニング・インタ...

もっと読む

【指南651 石橋道場へようこそ】

テーマ:師範紹介

真面目にコツコツ積み重ねてきたスーパー営業パーソン


 今回登場いただく師範は、プルデンシャル生命名古屋北支社の石橋誠志さんです。石橋さんは2001年10月にプルデンシャル生命に入社。2012年にはライフプランナーの最高位である、エグ...

もっと読む

【指南650 プレゼンテーションでおさえるべきポイント3】

感情が動いた時に人は行動に移す


岩本さんの指南による「最高のプレゼンテーション」もいよいよ最終回。今回は、プレゼンテーションの3つめのポイントを伝授していただきます。それは、「感情に訴える」ということ。...

もっと読む

【指南649 プレゼンテーションでおさえるべきポイント2】

理路整然と、しかし一方的な説明にならないように


プレゼンテーションで欠かせない2つめのポイントは、「筋道立てて説明する」ということです。岩本さんが気を付けているのは、「第一に、論理的に正しい説明をすること。これは絶対に...

もっと読む

【指南648 プレゼンテーションでおさえるべきポイント1】

解決すべき問題点を明らかにして、それに同意を得る


先週今週は、プルデンシャル生命の岩本睦央さんによる「営業学」講座の講義内容を、ダイジェストでご紹介しています。お客さまに納得して、満足していただくために、プレゼンテーシ...

もっと読む

【指南647 潜在ニーズを呼び起こす】

気づいていないことに気づいていただくこと


前回、お客さまの「(商品に対する)ニーズを高める」という話をしました。それではニーズを高めるにはどうしたらよいのでしょう?「お客さまの心の奥底にある、お客さまもまだ自覚...

もっと読む

【指南646 営業の醍醐味】

お客さまの物の見方まで変える


「営業パーソンの仕事とは物を売ることではない」と岩本さんが言うと、学生が一瞬キョトンとします。「営業とは、『物を売る』のではなく、『お客さまの問題を解決することだ』」と...

もっと読む